「絵本と一緒」展の様子 その9 絵本と作品紹介-5

関東も東北も梅雨入りしたようですね。
梅雨、そして真夏になると、もこもこふわふわの多いテディベアにはちょっと苦手な季節です。
作るわたしたちもねぇ。。。
それでもテンションあげて行きましょ!

今日は絵本の作品、・・・何作目だ? 5作目です。
渡邊靖子さんの作品。
選ばれた絵本はこちら。
c0298571_18494243.jpg

『パンダ銭湯』
作: ツペラ ツペラ(tupera tupera)
出版社: 絵本館

あなたは、パンダ専用の銭湯があるのを知っていますか。
実は...あるのです。

え~っ、まさか、そうだったのか...。
あなたの知らないパンダの世界がここにあります。

ポップな色の魔術師
tupera tuperaが描くパンダ!!
(出版社ホームページより引用)


今回の「絵本と一緒」展の企画がやってきた際に、わたしも書店の児童書売り場に足を向けたのですが、その際に、ででーーーんと特等席に平積みされていて目立っていたのを覚えています。
この『パンダ銭湯』、なんだかたくさんの賞も受賞しているようでした。
確かに・・・親子で楽しめるもんなぁ。
まさに今イチオシ!という感じなのでしょうね。

しかしその時は読んでいなかったのです。
で、会場で読んでみたのですが・・・・
まさかのストーリー。
大人も子どもも笑わずには読めません。
いやー・・言っていいのか?
とにかく、パンダだけの秘密を覗き見れちゃうのです。

出版社のホームページには、作者のtupera tuperaさんからのメッセージとして、

パンダのみなさん、ついに秘密をばらしてしまいます。
ごめんなさい。。。
5年間心の奥深くに仕舞っていた"パンダ"の衝撃的秘密を、ついに一冊の絵本にします。
みなさま心してご覧下さい。


とあります。
こちらも、秘密見ちゃってごめんなさいっっ。。な気分です。

そんな面白さ満点の絵本の世界を作った渡邊さんの作品がこちら。
c0298571_18584792.jpg

絵本のネタばれしたくないので、多くを語れないのが残念ですが、パンダのお話なのに右手にいるのはシロクマさん。
銭湯なのにサングラス。
(後日お勉強したら、なんと絵本の中のこのサングラスRayPanって描いてあるらしい・・・確認したいーっ。)
作品だけ見ると、あれれ?なんだけど、絵本を読んで納得なのです。

作品の子たちは、渡邊さんのいつもの感じよりもすこし丸みのあるフォルムで、絵本の雰囲気にあわせてなのか、ちょっとコミカルな印象もありますね。
パンダさんたちの下に敷いてある手ぬぐいは、渡邊さんの私物のものなのですが、実はこの『パンダ銭湯』のオリジナルの手ぬぐいも販売されているようです。
セット販売されているところもあるようなので、絵本お求めの際にはぜひ手ぬぐいもチェックしてくださいね。


こちらの絵本と作品は、今アツい絵本なだけあって、子どもたちの「あ!パンダ銭湯!」という声も多かったようでした。
知らない子も「これ、おもしろいから読んでごらん。」と言うと、お行儀よく椅子に座ってゆっくり読み始めた女の子がいました。小学校1年生くらいでしょうか?
最初は、ひとりで小さな声で読んでいたのですが、最初から炸裂するパンダの秘密の部分に触れると、ひとりでクスクス、いやむしろケラケラ?と笑って、ほかの展示を見てくださっていたお母さんに「ねえ!見て見て!!」と。
お嬢ちゃんがお母さんに読んであげると言う逆読み聞かせ。
お母さんも、「えー?!」と声を出して楽しまれていました。
何とも言えないじんわりとしたこの企画の醍醐味の瞬間でした。

あー、毎回のことですが、どの絵本も読み返したくて仕方ありません。。。


次回絵本作品の紹介6作目は真島恵さんの作品の予定です。
かえるさんです。お楽しみに!

にほんブログ村に参加しています。
よろしければクリックして頂けたら嬉しいです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ テディベアへ
にほんブログ村
[PR]
by teddybear-yuzu | 2014-06-06 19:14 | ゆずのイベント情報
<< 「絵本と一緒」展の様子 その1... 「絵本と一緒」展の様子 その8... >>